[メンズ ショルダーバッグ]キャンバス生地ちょいミニショルダーバッグ

「あの人カッコいいなぁ?」

服が好きだからこそ、いろんな人の真似をしたいと思って、
街中でメンズの服を見たりしているのですが、
こないだ見つけたオシャレメンズのコーディネートを見ていたら、
何人かに共通していたのが、ショルダーバッグをしていたんです。

キレイめコーディネートだとテーラードジャケットの着こなしも多くのなるので、
ショルダーバッグよりも手提げバッグが増えてくる。

それでショルダーバッグにそこまで注目していなかったのですが、
オシャレな人がしている背中にちょこんとのっているのがカッコよくみえたんです。

その条件というのが、

「背中にジャストフィットするバッグの着こなし」

だったんです。

いままでショルダーバッグというと、

「肩から下げてる」

この表現だったものの、オシャレな人のバッグの使い方は

「ボディにフィットさせている」

そんなバッグの掛け方をしているんですね。

ミニショルダーのサイズ感を利用して、
ひょいっと手で持つのも、男らしくてカッコいいですよね。
肩にかけるというよりも、手でもっている、そんな感じです

詳細はこちら

[キレイめ テーラードジャケット]美シルエットテーラードジャケット

「春はどんなファッションするかなぁ?」

どんどん暖かくなり、
街中の女の子は「へそだし」をしたりと、
どんどん春ファッションが多くなってきましたよね。

今日今日着るにはちょいと早いと思うけど、
いつもする会話として、

「急に暖かくなりましたよね!」

という会話。

そんな日はいつも来る・・・
としたら、いまのうちに春物をゲットしちゃいたい!

さてさて春ファッションは何にするといいのか??

女の子にちょいとさぐりを入れてみると・・・

「男の人にしてもらいたい春ファッションって、ある???」

「急に言われてもわからないなぁ・・・」

「パーカーなどのカジュアルとジャケットやシャツなどのキレイめ、どっちが好き??」

「どっちも好きだなぁ?
 会うたびに違うと、オシャレだなって思うけど、
 どっちかを選ぶとしたら、やっぱりジャケットは重要だよね。
 
 ジャケットが嫌いな女の子はいないんじゃないかな?
 でも、スーツの延長のように着ちゃってると・・・イタイよね。。。」

とのこと。

スーツ好きの女の子が多いからこそ、
やっぱりジャケットスタイルは間違いがないようですが、
スーツの延長で着ちゃうとイタイらしい。。。

そんな問題を払しょくするために作られたのがこのジャケット。

サラッと着こなすことができ、シルエットもキレイで、変に堅苦しくない。

カジュアルダウンさせることも、
クールに大人の男を演出させることのできるメンズファッション

気軽に、
でも
カッコいい男をつくりたい人にオススメの1着としてつくりました。

詳細はこちら

[キレイめ シャツ]袖ライン胸元Vゾーンシャツ

●さりげない袖ライン

なんといっても目がいくのは袖の2本ライン

シンプルなシャツだからこそ、
無地とは違う2本ラインデザインに自然と目がいく・・・

無地のオックスシャツを持っている人は多いかもだけど、
無地とはまた違った味わいがある2本ラインシャツ

いっけんカジュアルに見えるけど、
このシャツのシルエットのよさ、
ディテールのこだわりはセレクトショップのシャツをもしのぐものに。

●胸元のキレイなVゾーン

パッと見はついつい袖ラインに目がいっちゃうけど、
このシャツ、そのデザインだけで売っているわけじゃぁ?ない。

というか、もともと作られたキッカケは

「ジャケットスタイルがカッコよく見えるシャツが欲しいよね」

ここからスタートしたのがこのシャツがデザインされたキッカケなんです。
春になるとジャケットスタイルやカーディガンとの組み合わせが
どんどん多くなる。

自分もそうなんだけど、ジャケットスタイルにしても、他のスタイルにしても、
襟がキレイに見えるシャツが欲しいんです。。
ジャケットを着たときにもキレイにVゾーンがひらいている。

そのシャツとして作られたのがコチラのシャツだから、
うん、キレイ♪

ちょっとだけ襟を高めにすることで顔立ちをシャープに魅せることができ
デキる男の出来上がり!

ジャケットスタイル好きにはたまらない1枚に仕立てました!

もっと画像が見たい場合はこちら

[キレイめ デニムシャツ]スナップボタンデザイン長袖デニムシャツ

ヴィンテージ溢れるユーズド加工がポイント♪

部分的に入ったユーズド加工でヴィンテージ感を演出!
遠くから見ても近くから見てもデニム本来の良さを 楽しめる味わい深い一着になってます。

スナップボタンをカラフルに装飾

普通は同じカラーボタンで揃えることが多いのですが、
今回は、見る角度によって変わる色合いを表現できるスナップボタン使用。

カラー豊富に魅せることで、デニムの色合いを品よくセンスをアピールできます♪
新しい発見をすると、もっともっとオシャレを楽しみたくなるそんなデニムに仕上げました。

はずさないチノパンツで女の子からも好印象

サングラスプリントカットソーと合わせてアメカジ風に、
そして、チノパンの中でも脚長効果を発揮できるジップパンツで、
カジュアルテイストをさらにプラスさせました。
スキのない、爽やかで誰からも好かれるスタイルです。

男なら持っておきたいデニム×カーゴ

デニムの色合いに合うのが、カーキ色!
ワイルドさをこの2アイテムで作り出すことができるんです。

インナーには、無地のカットソーで、デニムの色合いを崩さず、
主張させたいアイテムを引き立てるコーデに。
某雑誌でも高評価を取り続ける男なら持っておきたいスタイル。

もっと画像が見たい場合はこちら

[キレイめ シャツ]ドット襟チラシャツ

「ちょっとだけ見せたら、ロングセラーになったんです!」

襟回り、
前立て部分にドット柄だけでなく、
チェックなどを配色しているシャツはかなり多いですよね。

このシャツも一見、同じように見えるのですが、
実はこのシャツ、襟部分のドットを外側に

1cmだけ
見えるように生地を作っているんです!

ふつうに着ると襟回りのドットであまり見えないのですが、
上にジャケットを羽織っているブルーカラーを見ると
分かりやすくなるのですが、襟部分でドット柄がチラッとだけ見えるんです。
横から見たり、
上にジャケットなどを着ることでシャツの見える部分が強調されると
わかりやすくなりますよね。

この「1cm」がロングセラーになるとは・・・

ちょっとのオシャレ

をさりげなく魅せるのがモテの基本★
やりすぎNG!

もっと画像が見たい場合はこちら

[キレイめ シャツ]前立てストライプ×刺繍シャツ

「これ、可愛い!!
 こういうシャツ、好きだなぁ?」

とは、お店でデザインの勉強のためにまわっているときに
カップルの女の子が男の人の買い物に付き合っているときに
言っていたこと。

チラッと見てみると、前立てに糸を刺繍でいれて、
それをデザインにしているんです。

前立てにデザインがはいるものは多いけど、
「縫い目」をデザインにするものは珍しいなぁ?と。

さりげないデザインが女の子のツボにはいるようですね♪

もっと画像が見たい場合はこちら

[キレイめ シャツ]デニム×チェック切り替えシャツ

袖部分にデニム生地を使い、
ボディ部分にチェック生地を使う切り替えシャツ

「上着を脱いだときに、そのときにも味わえるインナーが欲しい」

そんな人は上に羽織りを合わせることで
チェック部分しか見えなくなるんです。

今回のコーディネートでいうと、
ニットからチラッとチェックが見えてオシャレを楽しみながら、
ニットを脱いだと思ったら、
インパクト大!

最近では袖配色のスタジャンが人気なように、
袖部分でちょっとした遊びができるシャツを
味わうのもいいかもですね♪

もっと画像を見たい人はこちら

[キレイめ コート]セミロング丈ステンカラーコート 日本製 Biz

●まず注目されるのはエッジの効いた首回りデザイン

コート姿でまず目に付くのはシルエット。

中でも首や襟周りは印象を決める大きな要素と言えますね。
首回りは素材を活かし、エッジを効かせたシャープな印象に。

そしてベルトストラップには、シンプルながら本革を使用し、
素材の魅力に負けないディテールに仕上げています。

●高級感のあるシルエットを作り出す”綾P/N”素材を採用!

高級感のある光沢と上品なシルエットを生み出している生地は、
ポリエステルとナイロンを混紡し、コットン素材で良く見られる綾織に仕上げることで、
うねのあるツイル素材でありながら、艶のある高級感を併せ持つ”綾P/N”素材。

生地が作り出す独特の質感と陰影が大人なコートを作り上げています。

また、ポイントとなるボタンには大きめのやや木目調のボタンを採用。

スタンダードなデザインによくある平坦になりがちなフロント周りにアクセントを加えています。

●こだわり抜いた裏地デザイン!

通常、裏地には同色系またはブラック系の裏地を使うことが多い中、
ブルーストライプの裏地を使用しています。

コートを脱いだ時にもさりげないオシャレさを感じさせます。
表だけでなく裏地にも手を抜かないところが、大人のオシャレを感じさせますね。

もっと画像を見たい人はこちら

[キレイめ シャツ]PUレザーラインホリゾンタルカラーシャツ

シャツは一年通して一番着ると言われているのですが
特に春は白シャツが、ずば抜けて人気!!

そんな春にも人気な白シャツのすごい所をざっくり紹介すると

・上品さがある
・着回し力がある
・清涼感がある
・女の子ウケ抜群
・着る場所を選ばない

この5つが白シャツのいい所を代表する例なのですが
細か~く言うとまだ150ヵ所はあります(笑)

それぐらい人気で評判のいい白シャツですが
今回はある”4つ”にこだわり仕上げました!

続きはこちら

[キレイめ シャツ]チロリアンテープ前立てチェックシャツ

●色合い

通常のチェックシャツよりも全体に洗いをかけて
色落ちさせたような薄めの色合いに仕上げました。

こうすることでわかりやすいアメカジというよりも、
デニムのように、何にでも合わせやすくすることのできる色合いに仕上げました。

すでにチェックシャツを持っている人はけっこういると思うのですが、

「あれ?なんかいつもの違うね・・・」

と思うように、チェックの色が薄くなるだけで イメージが変わるのがおもしろいですよね。

●全体にマッチさせたディテール

「前立てラインテープ」
前立てラインテープというと、王道はトリコテープ

ただ、トリコテープをチェックシャツに使うと、
けっこううるさくなっちゃうんです。。。

チェックのカラフルさに、トリコテープのにぎやかさ・・・
どっちかでいいよ。。。
ってなっちゃいますよね。

そこで色褪せたチェックデザインを活かすためにも
チロリアンテープで、ヴィンテージ感をつくりだしました。

「ボタン」
ボタンも木ボタンを使用したり、
前立てのチロリアンテープに合わせたウッド調にに仕上げているんです。

もし、ここで通常のシャツに使われているような
白や透明ボタンを使用すると・・・
全体に違和感がうまれちゃうんです。
あんまり気にしていないディテールの統一感も重要な要素なんですね。

そのため、ポケット部分に使用しているボタンは糸のみ原色系のものを使用して、
チロリアンテープにマッチするようなものをセレクトしています。

ちょっとしたことながら、重要なポイントです!

もっと画像を見たい人はこちら